MENU

アセチルコリンが増加する必要性について

アリセプトは、アルツハイマー型認知症治療薬や、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬などに分類される医薬品です。

 

脳内では、アルツハイマー病を発症したときにアセチルコリンと呼ばれる物質の数が足り膜なります。

 

アセチルコリンの数が十分でなくなると、神経同士の伝達が鈍くなってしまうものです。

 

アルツハイマー病と診断された患者さんに、治療薬であるアリセプトを投与することにより、アセチルコリンエステラーゼというアセチルコリンを分解してしまう酵素の活動を妨害させる効果があります。

 

アセチルコリンエステラーゼが活動しなくなれば、脳内にあるアセチルコリンの量が増加しますので、神経同士の伝達作業が順調に行われるようになります。

 

これにより、認知症が改善されるということです。

 

アリセプトに関して、アルツハイマー病と診断された、症状が軽度から中等度の患者さんに対し、ある臨床試験が行われました。

 

二重盲検比較試験という形式をとり、対象は268名です。

 

アリセプトを116名の患者さんに服用してもらい(実薬群)、偽薬を服用してもらうプラセボ群の患者さんを112名とします。

 

アリセプトにはアルツハイマー病と診断された患者さんに、どのくらいの効果があるかを調べる目的です。

 

すると、アルツハイマー病の症状が改善されたという方は、本物のアリセプトを摂取した方が全体の17%(20名)で、偽薬を服用した方は13%(14名)だったということです。

 

反対に、摂取したことによって症状が悪化した方は、アリセプトが17%(20名)で、偽薬が43%(48名)という結果でした。

 

認知症の進行具合が中程度の患者さんは、アリセプトを服用することによって、20%〜30%程度の効果が見込めるということです。

 

アリセプトの形は、一般的な錠剤や細粒だけでなく、ゼリー剤なども作られています。

 

アルツハイマー病という病気の症状をよく理解した上で、毎日欠かさず飲みやすいゼリー剤などが開発されているのでしょう。

 

アリセプト通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。