サイトトップ

アルコール分解酵素とアルツハイマー病の関係

アルツハイマー病の発症率の高さは、アルコールの弱さに関係しているという発表がありました。

日本医科大学の国立長寿医療研究センターのグループによるものです。

この発表は、ビタミンEが効果的だという解決策も兼ね備えたものなので、とても興味深い内容です。

脳内に蓄積する有害物質の解毒に、アルコールを分解する途中に作用する酵素が関係しています。

神経細胞は、この酵素の機能が低下している状態で死滅しやすいという性質を持っているのだそうです。

アルデヒド脱水素酵素2と呼ばれる、体の中でのアルコール分解に関係する酵素があるのですが、この機能が低下している方も、疫学調査においてアルツハイマー病を発症しやすいのではないかということで、細胞死と酵素の関わりの調査が、およそ2,400名の方に実施されました。

酵素の遺伝子タイプの分析を行った上で、4ヒドロキシノネナールと呼ばれる有毒物質がある病の方の脳内に蓄積するのですが、この原因となる過酸化物質の量が多かったということです。

酵素の機能が低下している人ほど、細胞がどんどん死滅していくことが確認され、これは有害物質を酵素が備えていることを現しているのだそうです。

細胞が死滅しないように防ぐには、ビタミンEが効果的だということが分かっています。

アルツハイマー病の治療や予防に、大きな前進となったのではないでしょうか。

アルツハイマー病と診断されると、アリセプトなどの医薬品が処方されます。

アリセプトを服用することによって、アルツハイマー病の進行を抑えることができますし、高齢の方が摂取しても安全性が高い薬だと評価されています。

他の病気の治療薬を服用しているという方は、飲み合わせ次第で効果が薄れたり、副作用を発症する原因となりますから、医師の指示を守って使用しましょう。

ちなみに、アリセプトの使用の注意書きには、服用期間中にアルコールを控えた方がいいなどの記載はなされていないようでした。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。