サイトトップ

アリセプトはアルツハイマーの治療薬です

アリセプトは、アルツハイマー型認知症と診断された場合に、処方される医薬品です。

認知症の症状が進まないように、抑える働きを持っていますが、アルツハイマー型認知症自体の抑制をするのではなく、進行を抑えたり、症状の軽減に役立てられています。

アリセプトを服用することにより、現時点での症状と比較して、数ヶ月前から1年前くらいの症状に戻すことが可能です。

しかし、服用を中断したり、飲み忘れてしまった場合、全く摂取してこなかったときと同程度にまで一気に進行する可能性があるということです。

病院で診断を受けるとき、他の病気の治療薬を服用中の方は、医師に相談してください。

アレルギーを持っていたり、持病がある方などは、アレルギーを発症する成分がアリセプトに含まれていないか確認するために、やはりあらかじめ医師に申し出ておきましょう。

他の病気を患っている方の場合、その病気によっては慎重さが求められます。

鎮痛剤を飲んでいる方、パーキンソン病、気管支喘息、消化性潰瘍、心臓病の患者さんです。

アリセプトを処方されたら、医師の指導を守って服用することが大切です。

細粒は、一般的に成人の患者さんのケースで、1日1回0.6gの分量からスタートし、経過を見つつ1週間〜2週間後に、1.0gにまで増やされるでしょう。

アルツハイマー型認知症が高度の場合には、4週間以上1.0gを摂取し、その後2.0gに増やします。

症状次第では、増減されるということです。

錠剤は、一般的に成人の患者さんのケースで、1日1回3mgをドベペジル塩酸塩として服用し始めます。

それから1週間〜2週間後に、5mgにまで増やされます。

アルツハイマー型認知症が高度の患者さんには、4週間以上に渡って5mgを摂取したのちに、10mgにまで増加されます。

症状次第では、増減されます。

自己判断で分量を変えることは、副作用などの心配がありますから、必ず医師の指導を守るようにしてください。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。