サイトトップ

アリセプはドネペジルが主成分

アリセプトの主成分は塩酸ドネペジルという物質です。

アリセプトは老人性痴呆の原因の多くを占めているアルツハイマー病の治療薬です。

正確には、アリセプトはアルツハイマー病における「痴呆、記憶力の減少の進行を遅らせる」医薬品です。

残念ながらアルツハイマー病の「根本的な治療薬」は現在のところありません。

アリセプトが『治療薬』と呼ばれるのは、「痴呆を発症する前の状態に回復する」という意味での薬がアリセプトの他には無いためでもあります。

アリセプトは、アルツハイマー病患者の脳内にあるアセチルコリンという化学物質の分解を抑制する医薬品です。

アセチルコリンは、記憶学習に関連する物質ということが動物実験で明らかになっています。

アルツハイマー病患者の方の脳内ではアセチルコリンが減少していることも知られています。

アリセプトは、脳内でアセチルコリンを分解するタンパク質「コリンエステラーゼ」の機能を抑制します。

結果的にアセチルコリンの量を増やすことができ、記憶学習機能の低下を防ぐことができます。

アリセプトの臨床試験では、痴呆の進行を遅らせることが確認されています。

この結果は大変な反響を呼び、アリセプトの薬価は3mg錠で286.5円と高く、薬として大変高い評価を得ていることがわかります。

アルツハイマー病の痴呆の原因は、最終的には神経細胞が死ぬことです。

このため。神経細胞の死を抑制する必要があります。

しかし、残念ながらアリセプトにその作用はありません。他の医薬品にもないのです。

そのため、アリセプトによりアルツハイマー病の進行は遅れますが、最終的には薬剤を飲まないときと同様の痴呆状態に行きつくことになります。

現在でも神経細胞が死ぬ原因については、精力的な研究が行われており、いくつかの原因タンパク質が見いだされています。

近い将来は、真のアルツハイマー「治療薬」が見いだされるのではないでしょうか。

アリセプトは、本人と介護者の負担を少しでも減らせる、唯一の医薬品なのです。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。