サイトトップ

国内で最初のパッチ剤イクセロンパッチ

イクセロンパッチは日本国内で最初に実現した、アルツハイマー型認知症治療剤のパッチ剤です。

これまでは服用するタイプが多かったのですが、イクセロンパッチの使用方法は貼るだけなので、とてもシンプルです。

介護をされる方の負担も大幅に軽減できるとあって、魅力的な医薬品です。

薬剤が肌から穏やかに入っていきますので、急激に血中濃度が高くなることを防ぐ効果があり、嘔吐や悪心といった消化器症状の予防につながります。

認知症の発症の引き金となる要素の1つは、アセチルコリンと呼ばれる記憶に関係する神経伝達物質の減少と考えられており、アリセプトという医薬品がアセチルコリンを分解する働きを持った酵素を阻害するということで利用されてきました。

新薬のイクセロンパッチは、このアリセプトと同系列の治療薬です。

イクセロンパッチとアリセプトの併用は禁じられており、最初にアリセプトを投与されていた患者さんで、もし変化が現れないというときには、イクセロンパッチに移行すると効果があるかもしれません。

アリセプトとイクセロンパッチは、異なる薬効ですが、薬理作用は同じです。

イクセロンパッチは、スイスのバーゼル市にあるノバルティスファーマ社が作った薬です。

世界では、EUやアメリカなど82カ国以上の国々で認可を受けている医薬品で、軽度〜中等度のアルツハイマー型認知症の標準治療薬に加えられています。

イクセロンパッチの使用方法は、リバスチグミンとして、成人の患者さんには一般的に1日1回4.5mgより用いられます。

24時間に1回、貼り替えることが必要です。

貼りつける場所は、胸部か上腕部、背部などのどこか、肌が健康で正常な部分を選んでください。

使用をスタートしてから4週間経過するたびに、量を4.5mgずつ増やしていきます。

維持量は、1日1回で18mgだということです。

まだまだ新しい薬なので、患者さんの中には利用したことがない方も多いでしょうが、治療の選択肢が増えることは希望が広がることです。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。