サイトトップ

アリセプトとフェルガードの関係について

国内初のアルツハイマー病治療薬である「アリセプト」。

このアリセプトを服用しているというアルツハイマー病患者の方は多いかと思われますが、加えてフェルガードという健康補助食品を服用しているという方はどの程度おられますか?

フェルガードは国内では食品として扱いを受けており、医薬品ではありません。

その為、アルツハイマーに非常に有効的で、強い効き目が期待出来るのですが、健康食品であるが故にその存在さえ知らない医師の方が多いのです。

結果、病院で医師から処方されるのはアリセプトのみで、併用する事で高い治療効果が期待出来るフェルガードを処方して貰えないのです。

医師からはアリセプトのみでの治療を指示される為、当然フェルガードを併用する事が考慮されておらず、そのままアリセプトとフェルガードを併用してしまうと副作用が出易くなってしまい、扱いが非常に難しくなってしまいます。

アリセプトとフェルガードの有効性に期待が持てる事は既に実証済みなので、試してみたいという方はこの二つの薬と健康補助食品について少しお調べになってみて下さい。

服用される方のタイプによってどちらをどのように増減し、服用するかは異なってきますから、それらについて個々に調べておく必要があるのです。

最も起こり易い副作用は、「易怒」です。

興奮状態に陥り易く、直ぐに怒り出してしまうといった状態の事です。

この症状が出た場合、アリセプトかフェルガードか、どちらにもこの副作用が発症してしまう可能性がある為、どちらか一方を一時休薬するなどして根気強く原因を探り、その上で適切な配分をご自身で見極めて行く必要があります。

また、両者共にアルツハイマーの根本的な治療を行なう薬では無いという事を先ず理解して頂き、その上で長期服用を行なう必要があります。

これはアルツハイマーの進行を抑制し、神経伝達の自己回復を助けるといった治療法です。

これらの服用を完全に中止した場合、アルツハイマーが再発してしまう可能性もありますのでその際にはご注意下さい。

また、理解のある医師の方であれば、フェルガードについて相談に乗ってくれる場合もあるようです。

一部では学術的な資料も配布されているようなので、相談を行なう際にはネット上からそういった情報を集め、持参するのも良いでしょう。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。