サイトトップ

アリセプトの半減期について

アリセプトは半減期が70時間ほどといわれていて、とても長い時間作用します。

認知症、アルツハイマーの方に対してはアリセプトをいかに使いこなすかということが重要です。

アリセプトの増減の基本は興奮が強ければアリセプトを減らす、ということが基本となっているようです。

ただ、あまり減らしすぎると今までできていたことができなくなる、などの認知の低下が進行してしまいます。

アリセプトの服用量の変更結果は、最小限でも3週間必要です。明確な副作用があれば、即元の量に戻すことが必要でしょう。

アリセプトの副作用として顕著なものに、「興奮」があります。興奮がひどければ、服用させる量を調整する必要が生じてきます。

そのめやすは目つきの変化です。興奮が始まる前兆は目つきが険しくなることで判断できることが多いです。

行動変化が起こってから見つけるのでは遅い、といわれています。

アルツハイマー型認知症は主に初老期から老年期に発症します。

記憶力の低下、行動の変化、さらには言語障害や運動機能障害へと進行する脳の変性疾患となっています。

発症のメカニズムはまだ明らかになっていないのですが、患者様の脳内では記憶と学習に関与している神経伝達物質アセチルコリンが減少していることがわかっています。

アリセプトは、このアセチルコリンを分解する酵素、アセチルコリンエステラーゼという酵素の働きを妨げます。

すると脳内アセチルコリン濃度が高まり、アルツハイマー型認知症の症状の進行を抑制することができる医薬品です。

残念ながら病態そのものを治す薬ではありません。「悪化する速度を鈍らせる」という医薬品です。

アルツハイマー型認知症の治療法はいまだ見つかっていません。

唯一このアリセプトが、症状の進行を遅らせることが出来るのです。

アリセプトは国内での販売に先立ち、アメリカでも販売が承認されました。

その後、世界各国で販売が承認されています。

すでに、アメリカや日本では軽度、中等度に加えて高度のアルツハイマー型認知症まで、すべての段階のアルツハイマー型認知症の治療薬として承認されています。

現時点で、世界において軽度・中度・高度までのすべてのステージをカバーできる治療薬はアリセプトだけなのです。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。