サイトトップ

アリセプトと風邪薬の併用

アリセプトは、アルツハイマー型認知症の症状を抑える効果の医薬品です。

アルツハイマー型認知症そのものを食い止めるわけではなく、進行を抑えられるというものです。

ですから、患者さんによっては服用が長期化することもあるでしょう。

服用をスタートしてから、風邪をひいたり、他の病気を発症する可能性も当然考えられます。

風邪薬とアリセプトとは、併用しても問題ないのでしょうか。

一番いいのは、医師に相談をして風邪薬も処方してもらうのが安心できる対処法です。

医薬品はアリセプト以外のものでも共通していることですが、自己判断が副作用などの原因になりかねません。

風邪薬が必要になったときには、かかりつけのお医者さんに診てもらうのがいいでしょう。

アリセプトは、服用し始めてから途中で中断した場合、全く摂取していなかった場合くらいのアルツハイマー病の症状に戻ってしまうと言われています。

患者さんの中には、急激に病状が進行してしまうこともあります。

風邪薬と飲み合わせてはいけないのではないかと勝手な判断を行い、アリセプトの服用をやめてしまうと、悪化してしまう恐れがあります。

風邪薬の摂取以外に、なにか服用を中断したいときがあれば、その都度医師に相談をして、正しい指示を仰ぐようにしましょう。

アリセプトは、日本で最初に作られたアルツハイマー病治療薬なので、この分野では長い歴史があります。

他の病気を発症している場合、特に注意が必要とされているのは、消化性潰瘍やパーキンソン病、気管支喘息、心臓病の患者さんです。

鎮痛薬を摂取している方も、例外ではありません。

医師に診察をしてもらうときは、他の病気や可能性がある病気、処方されている薬について伝えておくことが、効果的な治療に必要なことです。

他の治療薬との飲み合わせが悪かった場合、アリセプトの効き目が強くなりすぎて、副作用を発症することも考えられます。

他の薬によっては、アリセプトの作用が落ちてしまうこともありますので、忘れずに服用中の薬については伝えましょう。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。