MENU

アリセプトの併用禁忌の注意事項

アルツハイマー病治療薬「アリセプト」の併用禁忌薬。

 

アルツハイマー病というこの病ですが、最近では知名度が上がり過ぎてしまい、逆に注意力が散漫になってしまっている感が否めません。

 

アルツハイマーは誰にでも起こり得る危険度が極めて高い脳の病です。

 

誰にでも経験がある「あれ?」といった物忘れ。

 

初期症状が平常時でも良く起こるそういった物忘れに似ている為、症状が悪化するまで気付く事が出来ないのです。

 

アルツハイマー病自体については此処だけでなく様々な場所で語られていますので、あえて解説は省きますが、アルツハイマーは発症者だけでなく、家族や知人まで迷惑をかけてしまい兼ねない病です。

 

ですから、最低限の予備知識を以って発症に備える事は極めて重要であると言えます。

 

さて、コチラで紹介しますのは、そのアルツハイマー病の進行抑制・改善の際、治療に用いられる「アリセプト」というお薬の併用禁忌です。

 

併用禁忌とは、一緒に飲んではいけない薬(成分)を指す言葉で、併用した結果、薬の効果に影響を与え、副作用を発症させてしまう危険性がある物とお考え下さい。

 

以下、「アリセプト」の併用禁忌です。

 

コリン賦活剤(ベサコリン、トランコロン)
コリンエステラーゼ阻害剤(ウブレチド、メスチノン、メスチノン、ワゴスチグミン)
イトラートカプセル
エリスロマイシン
硫酸キニジン
テグレトール
デカドロン
アレビアチン
フェノバール
リファンピシン

 

中枢性抗コリン剤
トリヘキシン
アキネトン
アトロピン系抗コリン剤(C・Bスコポラ、ブスポン、アトロピン注、ロートエキ)
非ステロイド性消炎鎮痛薬

 

これらの薬品はアリセプトが含有する成分の働きを増減させる危険性があり、副作用の可能性を高めます。

 

アリセプト服用時、他の薬や補助食品を口にする場合には含有成分に十分注意し、この情報と統合して併用するようにして下さい。

 

上記成分を含んだ薬、及び製品名の薬は絶対に併用してはなりませんので、予め念を押しておきます。

 

決して、併用しないで下さい。

 

アリセプト通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。