サイトトップ

アリセプトとレミニールの違いとは

アルツハイマー型認知症には処方されるアルツハイマー病治療薬が幾つかありますが、その内「アリセプト」と「レミニール」を例に治療に際しての薬の選び方を考えてみましょう。

アルツハイマー型認知症は、数ある認知症の一つの形で、βアミロイド蛋白と呼ばれる蛋白質が脳の神経細胞に蓄積し、それが神経細胞を破壊してしまうという脳の病です。

この結果、脳が萎縮し、脳機能が低下してしまいます。

βアミロイド蛋白質の凝集に関係するアセチルコリンエステラーゼは、脳内で神経伝達を阻害してしまう物質なのですが、このアセチルコリンエステラーゼの発生を抑制する薬が「アリセプト」や「レミニール」といったアルツハイマー病治療薬です。

こうしたアセチルコリンエステラーゼ阻害作用を持つ薬は幾つかあるのですが、どれが一番効くのか、という点は処方の際に余り重要ではありません。

アリセプトやレミニールを始め、アルツハイマー病治療薬にはアセチルコリンエステラーゼ阻害作用があり、効果としては結果的に差が無く、むしろ重要なのはその過程であり、どの薬が患者さんの体質にあっているのか、どんな症状の改善が求められているのか、これらが判断の基準になります。

多くの場合、アリセプトを選択する医師の方が多いのですが、これはアリセプトに実績があるからであり、必ずしもレミニールのような他の薬が劣るという訳ではないのです。

特に、レミニールにはアセチルコリンエステラーゼの阻害作用以外にもアロステリック増強作用が確認されており、錠剤の他にも水なしで飲めるOD錠や、高齢の人に飲みやすい分包品の内用液などがあり、進行度が中程度までなら20~30%くらいの有効率があるとされるお薬として知られています。

その点だけで言えばアリセプトより良いお薬と思えるかも知れませんが、実績ではアリセプトの方が上ですし、服用する患者さんによって副作用などの反応も違ってきます。

もし仮にレミニールを処方されたとしても、それは医師が何かしらの理由で選んだ結果ですので指示に従って服用して下さい。

ただし、医師によっては判断の甘さが見られる場合もありますので、ご自身や家族の方でもある程度薬についての知識を深めておくのは重要な事です。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。