サイトトップ

アリセプトとリスパダールの併用について

アルツハイマー型認知症を患っている患者さんをご家族にお持ちになっているという方、医師の方からアリセプトを処方され、指示通りに服用しているのに患者さんが精神的に不安定になっているという事はありませんでしょうか?

実は、アリセプトの副作用の中に精神の不調があり、興奮し易くなってしまうという場合があるのです。

これはアルツハイマー型認知症の症状ではなく、アリセプトによる副作用の可能性が高いのでそういった場合には医師に相談してみて下さい。

その際、アリセプトの他に、「リスパダール」というお薬が処方され、併用を指示されるかも知れません。

このリスパダールというお薬は、不安定な精神を落ち着かせる効果のある薬で、主に統合失調症の治療に用いられています。

アリセプトとの相性も悪くありませんので、これらを服用して様子を見るようです。

しかし、アリセプトの副作用に悩まされているという方は多いようですね。

重度の副作用が出ている方のお話を目にしたのですが、相当大変なようです。

アルツハイマー型認知症の進行を遅らせる為とはいえ、日常生活も難しくなるほど興奮状態に陥り易くなったり、精神が相当不安定になってしまう危険性もあるようです。

その際にリスパダールについての記述もあったのですが、どうやら人によっては過剰に反応してしまう方もおられるようで、興奮状態から逆に酷く落ち込んでしまうといった事も起こるようです。

とはいえ、これらは非常に稀なケースで過剰反応が必ずしも起きるという事ではありませんからご安心下さい。

ただ、そういった可能性が否定出来ないという事と、他に治療手段が見付かっていないという事も理解した上で医師と相談をしながら慎重に投薬を行なうようにしましょう。

また、アリセプトの服用で軽度に興奮し易くなるといった症状はかなりの確率で見られますから、そういった場合には薬の量を減らすなどして調整が必要になるそうです。

もし、上記したような重度の過剰反応が起こってしまった場合には、患者さんの事を考え、ご家族の方で休薬するなりアリセプトの服用を中止するなり決断の必要もあります。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。