サイトトップ

アリセプトとリバスタッチの違いとは

アルツハイマー型認知症の治療法についてなのですが、最近になって新しい薬が厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会による承認を得ました。

これにより、アルツハイマー型認知症の治療に「経皮吸収型製剤」が追加される事になりそうです。

経皮吸収型製剤というのは、判り易く言いますと“貼り薬”ですね。

湿布のような物だと考えて下さい。

この承認により、イクセロンパッチやリバスタッチパッチなど、計7つの薬が追加され、今後はアルツハイマー型認知症の治療に役立てられる事になるようです。

現在、国内では「アリセプト」という薬が良く利用されており、軽度から重度のアルツハイマー型認知症の方が服用しています。

アリセプトは非常に効き目も良く、症状の度合いに関わらず処方出来る事から万能薬であるかのように使われて来ましたが、今回新たに追加される事となったリバスタッチパッチなどは軽度から中度の患者さんに適応するとの事で治療方法にも違いが出てくる可能性が極めて高いです。

また、介護という観点からアルツハイマー型認知症を見た時、内服薬の場合では投薬の確認など、作業に手間取っていたのですが、この貼り薬の登場によって視覚的な確認が行なえるようになり、介護職員側の手間も削減される可能性が考えられます。

先ほど紹介したリバスタッチについて、もう少し詳しく解説しますと、脳内の神経伝達を行なうアセチルコリンという物質があるのですが、これを分解する酵素もあり、その酵素が必要以上にアセチルコリンを分解してしまいます。

これが、アルツハイマー型認知症の原因の一つで、リバスタッチはその酵素の働きを阻害する効力があります。

その他、ブチリルコリンエステラーゼという物質の働きを阻害する事も確認されており、相乗効果としてアルツハイマー型認知症の諸症状を改善する働きが期待出来るのだそうです。

また、追記となりますが、リバスタッチパッチは国内で初めての経皮吸収型コリンエステラ−ゼ阻害薬となります。

ですので、飲み込みが上手くできない高齢の方に有益なお薬になるでしょう。

ただし、一つ注意点として、他のコリンエステラ−ゼ阻害薬と併用が出来ませんのでご注意下さい。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。