MENU

アリセプトの処方について

アリセプトの処方は、一般的にアルツハイマー病と診断された患者さんに対して行われるものです。

 

しかしここ数年の間に、少し物忘れが以前に比べて多くなったという程度の場合でも、アリセプトを処方されているケースが複数出ているようです。

 

アリセプトが処方された方たちは、いずれもある程度高齢の方ばかりですが、他の病気や症状を訴えて診察を受けた際、物忘れをするようになったと相談程度に医師に伝えたところ、患者さん本人が知らないうちに処方されていたということです。

 

薬の説明を受けていないならば、不調を訴えた病気の治療薬だと信じ込み飲み続けていることでしょう。

 

アリセプトは幸いなことに安全性が高く、年配の方でも副作用が少ないことで知られている医薬品ですが、正式なアルツハイマー病であるかどうかの診察を行うことなく、処方されるのはいかがなものでしょうか。

 

物忘れがひどくなったというある患者さんは、最初に訪れた病院ではアルツハイマー病だと診断されました。

 

しかし一向に変化が見られないため、別の病院を受診したところ、うつ状態という異なる診断が下されたのです。

 

最初の病院では、アルツハイマー病の治療薬であるアリセプトを処方されましたが、次の病院ではアリセプトの服用をやめるように指示され、抗うつ剤に切り替えたところ、物忘れが改善されていったということです。

 

適切な診断を受け、その治療のために適した処方箋を出してもらうことが、いかに重要かがわかります。

 

軽度認知症害と診断された別の患者さんは、腰痛の悩みも抱えていたので、その病院を受診する前に、別の医院に通っていました。

 

腰痛を診断する病院ですから、アルツハイマー病の治療薬とは無関係のように思いますが、腰痛治療のために処方されていた薬の中に、アリセプトがあったということです。

 

いくら副作用が少ない薬だといっても、異なる薬が混ざっているのは不安になりますよね。

 

処方箋を出してもらうときには、どの薬がどのような目的と効果を持ったものか説明してくれる医師が一般的なので、分からないことがあれば納得いくまでしっかり聞いておきましょう。

 

アリセプト通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。