サイトトップ

アリセプトの添付文書のチェックポイント

アリセプトの添付文書には服用に際しての重要事項ばかりが書かれています。

注意事項を紹介します。

まず、持病やアレルギーのある人は医師に相談しましょう。

そして別に薬を飲んでいる場合も必ず医師に相談しましょう。

病気によっては、その症状を悪化させるおそれがあります。

例を上げると、心臓病、消化性潰瘍、気管支喘息、そしてパーキンソン病などの人、また鎮痛薬を服用している人はアリセプトを慎重に服用する必要があります。

また、薬の飲み合わせによってはアリセプトの作用が強まり、副作用がでやすくなってしまいます。

逆に効果が弱くなってしまうこともありますので、別の薬を服用している場合は必ず医師に相談してからアリセプトを服用しましょう。

アリセプトの用量ですが、ふつうは少量(3mg)から開始します。

そして1〜2週間後に通常量(5mg)に増やします。

そしふアリセプトは医療関係者、もしくはご家族の管理のもとで服用するようにしましょう。

寝たままでなく、体を起こした状態で飲むようにしてください。

アリセプトの口腔内崩壊錠、通常D錠と呼ばれるものは、舌の上にのせると唾液により崩壊します。水なしでも服用できます。

ですが、口の粘膜からは吸収されません。唾液もしくは水で確実に飲み込むようにしましょう。

ゼリー剤はカップ入りとなっています。

カップのふたを剥がしてスプーンなどで飲みやすい大きさにして飲みます。

アルツハイマー病は、それとわかった時には日常生活に支障をきたしていることが多いです。

アリセプトはアルツハイマーの進行を遅らせる効果があります。

より良い介護、より良い生活を少しでも長く継続するためには、アルツハイマーの早期発見とアリセプトの早期服用が大切です。

そのためには、日頃から自分にも、周囲の人にも気を配り、何か変わった点があったら気をつけて経過を観察するようにしましょう。

アルツハイマーの初期症状だと疑わしければ、すぐに医師の診断を受けましょう。

アリセプトではアルツハイマーを完治させることはできませんが、アリセプトが無い状態よりもずっと良好な状況を保てるのです。


>>アリセプトの正規品を安全に購入するにはこちらから<<

>>アリセプトのジェネリックを安全に購入するにはこちらから<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。