MENU

アリセプトの特徴を解説

アルツハイマー型痴呆ではコリン作動性神経系に障害がみられます。

 

アリセプトはコリンの中でも最も強い作用をもつアセチルコリンを分解するアセチルコリンエステラーゼという酵素の働きを妨害する効果を持っています。

 

その作用により、脳内のアセチルコリン量を増加させ、コリン作動性神経系の働きを高める効果があります。

 

アリセプトは軽度から中程度、さらには高度のアルツハイマー型痴呆に使用されますが、病気そのものを治すのではなく、症状を進行を遅らせる医薬品です。

 

また、アルツハイマー型以外の痴呆性疾患においては、その有効性はありません。

 

ただ、痴呆の割合はアルツハイマー型がとても多いため、多くの方に有効に作用するといってもいいでしょう。

 

アリセプトの副作用としては、眠気や食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、腹痛、興奮、めまい、徘徊などが特徴的なものとして挙げられます。

 

重大な副作用としては、肝炎や肝不全、失神、消化管出血、突然死、脳血管障害、脳出血などがおこる可能性がありますので、注意が必要です。

 

また、アリセプトまたはピペリジン誘導体で過敏症をおこしたことがある方はアリセプトを使用してはいけません。

 

さらに心疾患や消化性潰瘍の既往歴、気管支喘息の既往歴などがある人も使用に注意が必要です。

 

アルツハイマー型認知症とは、記憶の低下を含めた認知障害のため、生活に支障をきたしていることを指します。

 

そして、ゆっくりと悪くなってきている、局所神経症候がないなどの特徴もあります。

 

日本のアルツハイマー型認知症の患者は推定100万人です。認知症は65才以上の10人に1人は発症すると言われるほど、高齢者に多い病気となっています。

 

さらに、最近は18歳〜64歳の若年の認知症が増えているといいます。

 

総数にして10万人はいると言われている、大変厄介な病気なのです。

 

若年性アルツハイマーは65才以上の老年痴呆に比べると、人生の活動期なだけに始末が悪いです。

 

アリセプト通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。